タブレットレジとは従来のレジと何が変わるのか

レジnet

タブレットでお会計

最近多くの店舗で導入されているのが、タブレットレジです。専用のアプリをインストールすることで、手持ちのタブレットをレジとして使用することができます。

タブレットレジ導入の特徴

レジ

タブレットがレジになる

これまでのレジシステムと比較して、タブレットレジの特徴を紹介していきたいと思います。レジを導入する機会があれば、このページを確認しておくと良いでしょう。

READ MORE

タブレットレジに関するQ&A

クレジット決済は可能?

クレジットカード決済代行と契約することで、タブレットレジでもクレジットカード決済を行なうことができます。

セキュリティは安全ですか?

各メニューごとにロックをかけることができたり、パスワードの制限をかけることで勝手に閲覧できないようにすることができます。また、会員情報はローカルデータに保存されません。サーバーとの通信も暗号化されるのでセキュリティ面は安全です。万が一、端末を落としてしまった場合でも、レジを利用不可にすることができるので、紛失等によるセキュリティの脅威を受ける事はありません。

導入する時に用意するものは?

Wi-Fiかインターネット通信の利用が可能になる必要があります。また、レジとして使用する予定のタブレット端末を用意しておきましょう。この環境があればタブレットレジを導入できる環境になります。

導入までの期間は?

アプリのアカウントを作成してから、レジで使用する機器が届くまで約2週間ほどかかります。導入に関してはあまり時間をかけずに、届けばすぐに使用できる環境にしておけば、当日から使用することが可能なので、ぜひ環境を揃えて機器の納入を待ちましょう。

プラン変更ってできる?

プラン変更はアプリによって違いますが、対応可能です。タブレットレジシステムは、会計システム以外に様々な経営情報に役立つシステムが導入されています。売り上げや経費から企業への課題を表したり、会計成績を細分化する機能などがあるので、ただのレジシステムではなく、経営の一端を担う機器として導入を考えてみてはどうでしょうか。

タブレットPOSシステムの口コミ

操作が分かりやすい

タブレットで直感的に会計操作ができるため、タブレットPOSシステムが導入されてからレジが格段と楽になりました!

分析機能がついている

タブレットPOSシステムには、会計情報から分析できる機能がついているため、売上拡大に対する施策やこれまで気がつかなかった業務課題をすぐに見つけることができ助かっています。

サポート体制が万全

タブレットPOSシステムは決済に関わるシステムだからこそ、不具合や万が一のことがあった時は業務がすべて止まってしまいます。そんな時には電話サポートが利用でき、すぐに対応してもらえたのですごく助かりました。

スペースがすっきりする

従来のレジシステムだと、大きく場所を取るため少々受付が窮屈に感じることがありました。さらに、飲食店のため簡単に掃除することができないのに苦労していましたが、タブレットPOSシステムに変えてからは移動することが楽で、会計スペースを清潔に保つことができ、レジ回りがすっきりするので見栄えが良くなりました。

導入が簡単

以前レジシステムを導入した時は、何台必要になるかやどれほどのスペースが必要になるかなど、会計をするスペースを考慮して導入しなければいけませんでした。しかし、タブレットPOSシステムはタブレットにアプリをインストールすることで導入が完了となるので簡単です。システムを選ぶのもアプリを比較するだけなので、実際に媒体を見る必要もなく、気軽に導入することができます。

[PR]

レジアプリを導入する。
業務の簡略化を実現!

タブレットレジでできること

店舗

注文受付・会計

タブレットを使えば注文の受付から会計まで行なえます。タブレットなので、そのまま客席まで簡単に持ち運ぶことができるのです。

点検・精算

入出金の管理から、レジチェックを行なうことができます。会計情報の間違いを修正し印刷してレジの周辺業務を行なえます。往来のレジの場合、手作業で締め作業を行なわないといけないものでしたが、レジアプリを使えば締め作業も簡単に行なえます。

情報の管理

売上だけでなく、往来のレジではできなかった顧客情報の管理を行なえます。クラウド上で共有することができるため、他の店舗の人ともリアルタイムで情報の共有を行なえます。